雑が喰おう

DVD-Rの録画用とデータ用の違いってなぁに?

最近では、VHSビデオテープよりも、DVD-Rに焼いて録画した番組を保存している人が多くなってきました。
家電商品を見に行っても、もはやVHSの録画機は少なくなり、HDDレコーダーDVDレコーダーが主流商品となっています。
その流れを受け、家でHDDレコーダーやDVDレコーダーを買ったのだけれど、DVD-Rには録画用とデータ用という二種類の物があり、DVDレコーダーの近くには録画用のDVD-Rが置かれており、パソコン関連のコーナーに行くと、データ用のDVD-Rが陳列されています。
録画用とデータ用の違いが解らない場合は、近くに置かれてあるDVD-Rを購入している人がほとんどだと思うのですが、この録画用とデータ用のDVD-Rの違いは一体なんなのでしょうか。

実は、録画用のDVD-Rとデータ用のDVD-Rは構造上の違いは一切ありません。
しかし、値段的に見ると、録画用のDVD-Rはデータ用のDVD-Rに比べて若干割高になっています。
これは、著作権の関係で、価格に『私的録画補償』が含まれているためです。
もちろん、DVD-Rの構造に違いはないので、データ用のDVD-Rにも番組録画はできます。
しかし、メーカーなどはテレビ放送などを録画する場合は、録画用のDVD-Rを使用することを推奨しています。

余談ですが、録画用とデータ用のDVD-Rの価格差は1%程度というのがほとんどです。
たまにかなり同じ商品でもかなり価格差があるものがありますが、これは、仕入れや量産による時の誤差が大きいようです。
最近では、録画用のDVD-Rの方がデータ用のDVD-Rより売れているなどということから録画用のDVD-Rの割安になっているということもあるようです。

因みに、録画用のDVD-Rに個人で撮影したビデオ映像をダビングした場合、私的録画補償を返金してもらうことができるそうです。
あまりにも安い金額なので、郵送などの手続きにかかる切手代とかを考えるとかなり大量に申請しないと逆に損をするようですが……。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事