雑が喰おう

緑茶の胃がん予防効果があるのは女性のみ。でも喫煙により打ち消される。

厚生労働省の研究班の調査によると、緑茶に含まれるカテキンによる胃がんの予防効果は喫煙により打ち消されるということが解ったそうです。
この研究結果はアメリカの科学雑誌に発表されました。

研究班は全国に住む男女約3万7000人を対象に12年間の追跡調査を行い、胃がんにかかった494人の血中のカテキンの濃度を胃がんにならなかった人と比較しました。

その結果、エピカテキン3ガレート(ECG)というカテキンの一種の濃度が高い女性は胃がんにかかるリスクが最大で7割も下がることが判明したそうです。
男性ではがんリスクの抑制効果は確認できず、カテキンの種類によっては逆にリスクが高くなっていたそうです。

また、たばこを吸うかどうかでグループ分けして血中のカテキン濃度と胃がん発症の関連も調べたところ、非喫煙者ではカテキン濃度が高いと胃がんリスクが下がるのに対し、喫煙者では逆にリスクが高まるという結果がでたそうです。

これまた、緑茶による胃がん予防効果は、女性にのみに効果があるということですね。
以前にお伝えした『紅茶を1日3杯飲むと、心臓発作と脳卒中が予防できる』のも女性だけだったというものに似ています。
男性はどうしてこういった効果が得られにくいのでしょうか。
身体の構造は思いの外違うのかも知れません。

»関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事