雑が喰おう

手塩に掛けるという言葉の由来

石毛直道 食の文化を語る
溺愛して子どもを育てるというような意味で手塩に掛けるという言葉があります。
この手塩に掛けるという言葉の語源は、食事作法からきているのだそうです。

室町時代に、味の調整やお清めから、料理と一緒に盛り塩が御膳に置かれていたそうです。
その盛り塩は他の器に守られるように中央に置かれていたそうです。
そこから大切に育てることを手塩に掛けるというようになったそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事