雑が喰おう

サボるの語源はフランス語

最近仕事をサボっているといつ首を切られるのか解らないのでサボる暇もなく必死に仕事してます。
でも会社自体が傾いたら結局切られるですよね。それが世の中の常というものです。
ところでサボると言う言葉は一体どこからきた言葉なのでしょうか。

実はサボるの語源フランス語で、サボタージュという言葉から来ています。
サボタージュとは、労働組合争議戦術の一で、仕事をわざと怠けて仕事の能率を低下させることを意味します。

それがただ仕事を怠けているだけのことをサボると日本語では言われるようになったのです。
中には俺はサボっているんじゃないよ、サボタージュしているんだよ。という人もいるかもしれませんが……。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事