雑が喰おう

冷蔵庫のうえの人生

昨夜『冷蔵庫のうえの人生』という本を読みました
娘と母親が交わしたメモだけで構成されたお話です

メモに記されてはいないやり取りは想像する必要があるけれど、それは容易に想像できることばかりです

また二人がどんな気持ちでメモを書いたかという心情も想像しなければいけません
もし、それらを想像しえないのならばとてもつまらないお話に感じることでしょう

しかし、それは難しいことではありません
一時間もあれば読み終わる短いお話ですが、とても感動しました
そしてぜひ読んでもらいたいと思いました
子どもにも親にも

冷蔵庫のうえの人生
アリス カイパース
文藝春秋 ( 2007-12-08 )
ISBN: 9784163265704
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事