雑が喰おう

覚えておきたい押印と捺印の違い

書類などに判子を押さなければならないことって社会に出ると多いですよね。
約款によっては、「押印してください」とか、「捺印(なついん)してください」と書かれていて統一されているようには思えません。
ところで、この押印と捺印の違いっていったいなんなのでしょうか。

辞書によると、押印とは、印を押すこと。捺印。とあり、捺印とは、印判を押すこと。また、その印判。押印。とあります。
ちょっと待ってください。

つまり辞書によると、押印は捺印であり、捺印は押印であるということになります。
どちらも判子を押すという意味として同じであるということですね。

では、書類に判子を押してもらいたい際には、押印、捺印どちらの表現でもいいのかというとそうでもないようです。

慣例としてですが、印刷のみの書類で、署名の必要のない場合には押印といい、手書き署名を必要とする書類には捺印と使い分けるそうです。
これはビジネスマナーとしても覚えておきたい所ですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事