雑が喰おう

白いご飯よりも、炊込み御飯の方が持ちが良い

ご飯を炊いてお弁当を作ったり、保温せずにそのまま置いておくと、ご飯は固くなってしまいますよね。
それが楽しみにしていたお弁当だと、すごくがっかりしてしまいます。
そもそもなぜ、ご飯は固くなってしまうのでしょうか。

ご飯が時間と共に固くなる理由、それはいたって簡単なことで、乾燥するからです。
炊きたてのご飯は水分量も多いですが、これはご飯に含まれるアミロペクチンという成分が多くの水分を含んでくれているおかげです。
ところが、アミロペクチンは冷めてくると水分を離してしまいます。そのために、冷めたご飯は固くパサパサしてしまうのです。

しかし、冷めても固くなったりパサパサしにくいご飯があります。
それは、炊込み御飯

白いご飯も炊込み御飯もお米は一緒ですが、炊く時に、いろんな具材をいれますよね。
例えば、キノコ類や大豆など。そして、調味料も加えます。
これらの具材にはトレハロースという成分が含まれています。トレハロースは糖分で、高い保水力を持っているのだそうです。
おかげで、アミロペクチンが離してしまった水分もとどめて置けます。
その結果、炊込み御飯は冷めても固くなったり、パサパサしにくくなるのです。

ほかにも、お寿司などの酢飯三杯酢に含まれる糖分のおかげで、トレハロースと同じような働きをしてくれ、乾燥を防いでいます。
そのため、駅弁では作って食べられるまでに、時間がかかることが多いので、炊込み御飯や酢飯を使われていることが多いのだそうです。

ちなみに、最近では、白いご飯に油分を加えコーティングし、水分の蒸発を防いでいるお弁当用の白いご飯もあるそうです。

今後、お弁当を作って出かける時は、炊込み御飯や酢飯のお弁当にしてみてはいかがでしょうか。
外出先でも美味しいご飯が食べられますよ。
朝作って、お昼にすぐに食べる毎日のお弁当では、ご飯が固いとかパサパサしているということは少ないかもしれませんが、一度試してもらってみると、その違いが解ると思います。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事