雑が喰おう

コーヒーとコーヒー飲料の違い

缶コーヒーを買うのが日課だという人は多いのではないでしょうか。
私はコーヒーを飲まないのですが、よくよく缶コーヒーのラベルを見ていると、コーヒーと書かれているものと、コーヒー飲料と書かれている物があります。
この違いはいったいなんなのでしょうか。

実はこれは法律により定められているのだそうです。
100グラム中、生豆換算で5グラム以上のコーヒーを使用していないものには「コーヒー」と表示してはいけないのです。
そのため、5グラム未満のものは「コーヒー飲料」と表示されているのです。
さらにその中でも、2.5グラム未満のものは「コーヒー入り清涼飲料水」と表示しなければならないそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事