スポンサード リンク

ハーメルンの笛吹き男には元になった話がある

ハーメルンの笛吹き男といえば、ネズミ退治をした笛吹男に村人が報酬を払わず、怒った男が笛を吹き出すと村の子供たちがそれにつれられ街から出て行った。というグリム童話でも有名な話です。
ところが、このハーメルンの笛吹き男にはモデルになった事件があるのだそうです。

その事件は、1284年6月26日のドイツハーメルンで起きました。
そう、130人の若者が姿を消したのです。

実際の事件に関しては姿を消した理由は不明で、1220年頃ドイツには少年十字軍という組織が存在していて遠征隊として指揮官が引き連れて出て行ったのではないかとも言われています。
また、この事実は100年以上経過したあとで文献に記されたもので、それ以前は伝承話として伝えられていて、その過程でネズミ退治のくだりもついたのだそうです。

そして、当時のネズミと言えば、ペストが大流行した原因の一つとしても言われています。
当時のヨーロッパでは魔女狩が盛んで、ネズミ退治をする猫も魔女の使いとして狩られていたそうです。
そのためネズミの数が増え、ペストが流行し、ペストで若者も多く死んだという意味も込められているとも考えられているようです。

なんとなく、見返り、謝礼を強要する話なんだなぁと思っていた、ハーメルンの笛吹き男ですが、裏をしるともっと怖いお話なんですね……。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
»ページナビゲーション
同じカテゴリの記事:雑学