雑が喰おう

WordPressのファイル挿入URLを相対パスにする方法

WordPress Logo
WordPress Logo / Phil Oakley

普段はあまり自分の画像を使うことはないのだが、たまに画像を使う。今までは外部WebサービスのFlickrとかフォト蔵とかを利用していたが、それらを利用するほどでもないときなどはやはり、自分の鯖に置いておくのがいいだろう。

しかし、一度WordPressの引っ越しを経験して思ったのが、画像などのファイルを挿入する際に、絶対パスのままで行うのは、引っ越し先に合わせたURLの変更が必要になるので非常にめんどくさい。

そこで、調べてみると、簡単に絶対パスを相対パスにする方法が解ったのでメモ。

参考、丸写ししたのは、WordPressで挿入する画像のsrcを相対リンクにする | Simple Colors
最近の記事だし、タイムリー。

そこに書かれてある通り、テーマファイルの中にあるfunctions.phpに以下のコードを追記するだけ。

[php] function delete_host_from_attachment_url( $url ) { $regex = ‘/^http(s)?:\/\/[^\/\s]+(.*)$/’; if ( preg_match( $regex, $url, $m ) ) { $url = $m[2]; } return $url; } add_filter( ‘wp_get_attachment_url’, ‘delete_host_from_attachment_url’ ); [/php]

たったこれだけ。コードがなにを意味しているのかさえ解らなくても、挿入するURLからドメインが消え、相対パスになる。

参考にしたSimple Colorsさんところでは、さらに、『画像の投稿URLにドメインを入れないようにする方法』も書かれているので、参考にするといいと思う。

一応、テーマファイルの場所も記しておく。
http:ドメイン/WordPressルート/wp-content/themes/各テーマファイル

(゚⊿゚)別に、絶対パスでも、相対パスでも、どっちでも、てもいいよ!
というWordPressユーザーで、データベースを弄れない人は、相対パスにしておくことをお勧めします。

4839921695WordPress標準ガイドブック―導入&基本操作からフルチューンまで
マクラケン 直子 WordPress Japan
毎日コミュニケーションズ 2006-09

by G-Tools

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: ,