雑が喰おう

薄毛なのは、毛髪の元になる細胞がないからじゃなく、細胞が変化しないから

米ペンシルベニア大学などの研究チームが、薄毛の原因をつきとめたそうです。
詳細は薄毛の仕組み分かった! : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より

 体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できないことが原因であることを、米ペンシルベニア大学などの研究チームが突きとめた。

 この細胞変化を促す薬が開発できれば、薄毛の新たな治療法になる可能性がある。

原因が解れば、あとはそれを解決するだけなので、薄毛でお悩みの方には朗報ですね。
そう楽観的に見てたのですが、ふと違和感が…。
あれ?

質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できないことが原因

そうあります。
結局、毛髪の元になる細胞が足りていても、生えるための細胞が足りないのだから、似たようなものじゃないの?

理数系の人からすれば、大きな差かもしれませんが、ふんふんと読んでいる程度の自分だとその違いを見落としてしまうところでした。

ちなみに、記事によると、毛髪の元になる細胞は幹細胞といい、それが別の前駆細胞に変化して毛髪を生むそうです。
しかも、毛髪を生むまでに、毛母細胞、角化細胞という細胞にまた変化するのだとか。

種みたいなのがあって、それが発芽して毛髪になるのではないんですねぇ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: ,