雑が喰おう

限りなく透明に近いブルー


限りなく透明に近いブルー

村上龍氏のデビュー作品は限りなく透明に近いブルーという作品で、結構有名だ。
しかし、発表当時はこのタイトルではなかったのだという。
なんというタイトルだったのかというと、「クリトリスにバターを」というタイトルだったのだという。
改題して正解だったかも…いや、いろんな意味でw

参考
  ⇒限りなく透明に近いブルー

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事