雑が喰おう

そろそろ義援金について感じたことを書いとくか

まずは、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。
近い将来、必ず起こるという南海地震に改めて恐怖と不安を覚えます。

社会でも寄金が設立されたり、義援金を募集するメーカーや個人団体が現れ、多くの人が何かしようと動いている事と感じます。
自分自身、そこまで贅沢な暮らしができている人間ではないが、はてなポイントや楽天ポイントなどからできる範囲で寄付しました。

しかし、正直な話、義援金や寄付金を募る個人や団体をすべて信用しているわけではありません。
それは私だけではないのではないのではないでしょうか。

義援金は国をはじめ、各自治体でも窓口を設けて募っているのですから、個人や団体が敢えて募る必要はないのではないかと考えるからです。

確かに、各自治体が設けている義援金窓口が分かり難いといったことや、遠いといった理由で、仲介役として個人や団体が間にはいるのはありがたいことですし、何かのついでに募金するということでも義援金がより多く集まるので、良い面があります。

しかし、その仲介役は信用できなければ意味がありません。

今回の震災の場合、記録的震災ということもあり、多くの個人や団体、企業が動いていると思います。義援金窓口も多く聞きます。
でもそれって本当に必要なのでしょうか。

企業が義援金や物資を寄付するのであれば、お客から募る必要はなく、企業努力で行えば良いはずです。
売り上げの一部を寄付しようが、商品を寄付しようが企業努力でできる範囲で行えばよいのです。

とはいえ、企業が用意するポイントから義援金として募金できるのは良いシステムだと思います。

ポイントから義援金として募金できるのは今後も続けて欲しいと思います。
ただし、これは現金で義援金を募る場合も同じなのですが、義援金などの寄付を募った場合、集まった義援金をどこの団体にき預け、最終的にどのような形で現地の人に届いたのかを公表してほしいです。

これは、個人や団体でも同じです。できることならば、法整備して義務化してほしいくらいです。

集まった義援金は、私たちの祈りや願いが込められています。
それがちゃんと相手に届いているのか知りたいのです。
日本ユニセフに募金したのに、日本のために使われのはごく一部などというのはイヤなのです。
24時間も特別番組を編成し、長い間取材し、いくつもの会場を抑え、生放送し、何人もの芸能人を出演させて数億円集めるのであれば、無駄に経費使わずに、企業努力で数億円にならなくとも寄付すればよいと思うのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事