雑が喰おう

FastEverのタイムスタンプを変更する方法

FastEver Ver.1.8でタイムスタンプの書式設定が追加

私のEVERNOTEライフにおいて、使用頻度が一番高いアプリがFastEverです。
一日のうちでも、RSS FLASH gに次いで立ち上げ率が高いアプリでもあります。
No FastEver,No EVERNOTE LIFE.』 と言っても過言ではありません。

それほど私の生活の中に大きく関わっているFastEverがこのたびのアップデートで、タイムスタンプの書式が設定できるようになったようです。


さっそくやってみる

私の生活の中に大きく関わっているアプリとはいえ、FastEverに不満がない訳ではありません。
個人的な要望ならばいくつか出てきます。その一つがタイムスタンプでした。

それが今回のアップデートで書式を設定できるようになったのですから、試さないはずがありません。

アプリをダウンロード中っていつもワクワクしませんか?
アプリをダウンロード中っていつもワクワクします

タイムスタンプの設定は以下のように設定します。

メニューの設定から「タイムスタンプ書式」

メニューの設定から「タイムスタンプ書式」へと進みます。

おぉ。なんかいろいろ設定できそうす。
おぉ。なんかいろいろ設定できそうな予感がします。

日付の書式
初めから4つ、日付の書式が登録されています。

時刻の書式
時刻の書式も4つ書式が登録されています

特に問題なければ、使用したい書式をチェックすることで、以降のタイムスタンプ挿入ボタンで反映されます。

どうせならば、カスタム書式を使ってみよう

カスタム書式を使ってみる

デフォルトで登録されている書式とは別に、書式のカスタム設定もできます。
これはありがた!

ここで注意すべきは、カスタム書式をオンにすると、初期設定で入っている書式は選択できなくなることです。
とはいえ、カスタム書式を使うのなら必要ないですし、問題ないですね。


私の場合は、『yyyy/MM/dd (eee) HH:mm:ss』 としてみました。
下の画像にあるように、『西暦/月/日(曜日)時:間:秒』と表示されます。

西暦/月/日(曜日)時:間:秒

まとめ

今回のFastEverのアップデートで、タイムスタンプの書式が設定できるようになった。
でも、西暦だけで、和暦でのタイムスタンプ挿入はできないのかな。
対応の早い作者さんなので、そのうち対応するのではなかな。
さらにFastEverが手放せないなアプリになった。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事