雑が喰おう

ルーズリーフとリングノートの間のようなノートを作ってみた

ノートを自作してみました。
ただのノートではなく、ルーズリーフリングノートのいいとこ取りみたいなノートです。
百間は一見に如かず。ということで、そのノートを公開します。

1000000810

ルーズリーフといえば、中身を差し替えたり、取り出したりでき、学生時分から基本的にルーズリーフでノートをとっていました。

しかし、ルーズリーフには欠点があります。
A4サイズの場合、記入するときは、紙だけで書くか、バインダーを広げて記入する必要がありサイズは倍のA3くらいの広さが必要になります。
バインダーを広げるだけの広さがない場合や、紙の裏にも記入するときなど、バインダーから用紙を取り外して記入する場合もありますが、これは机の上で書けない時など、非常に書きづらいです。

リングノートは、大学ノートに近いタイプのノートです。
大学ノートと違う点は、綴じ部分が針金など、リング状のもので綴じてあることで、ノートを広げた状態だけでなく、半分に折って書き込むこともできるのが特徴です。
その利点が好きで、私はメモ帳などは小さいリングノートを使用しています。

しかし、リングノートもやはり万能ではありません。
形こそはルーズリーフにも似ているのですが、機能面では二つ折りにできることを除けば大学ノートと同じで、ノートの差し替えができません。

ルーズリーフのように差し替えができ、リングノートのように二つ折りで記入できるノートがあればいいのになぁ。という願望を抱くのは私だけではないのではなでしょうか。

そんな時に、『ルーズリング』というモノを知りました。
ルーズリングというのは、カール社の商品名なのですが、他の文房具メーカーからもいろんなタイプのものが出ているようです。
詳しく比較されていた「www.moritox.jp : A5のバインダーノートについて」を拝見し、ルーズリングの購入を決めました。

ルーズリングは、簡単にハサミできることができるので、一般的なA4、B5などをはじめ、A5や手帳サイズなど自由なサイズのものを作成できます。

しかし、ルーズリングだけではノートはできあがりません。
ノートに大事な表紙がないからです。
特に気にしない場合は、表紙がなくてもいいでしょうし、A4サイズの表紙ならば合わせて買っておくといいでしょう。
私の場合はA5のサイズで作成したかったので、百均で、A5サイズのリポートパッドという表紙を購入し、パンチで穴をあけて作りました。

1000000811

また、カッターで切ったため、角がとんがっていたので、丸くするなど、かまかいところにもこだわりました。

1000000812

肝心のノートを二つ折りにしたところも載せておきます。

10000008141000000813

用紙は、ルーズリーフです。無印良品のA5のものを使用しています。

あと、ルーズリングと合わせて購入してよかたのは、『ルーズリングジッパー』です。
ルーズリングの開閉が簡単にできます。

別にルーズリングジッパーがなくても開閉はできるのですが、綴じるときよりも開けるときにさっとあけることができるのは快感です^^

ルーズリーフやリングノートなどで不便を感じている方には、ノートの自作をお勧めします。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事