雑が喰おう

なぜ全国のみやげもの屋には木刀が売られいるのか




各地どこの観光地のみやげもの屋にも木刀が売られているがこれはどうしてなのだろうか。
実はこれ、白虎隊で有名な会津のタカハシ産業の社長の力量によるもの。
昭和30年代後半に会津若松市内で白虎刀という木刀がみやげものとして大ヒット商品になった。
それを受けてタカハシ産業の当時の社長である高橋勇氏が会津だけでなく全国でも売れるのではないかと、日本中の観光地に営業をかけたところそれが当たり、売れるようになったのだという。
それから全国各地の観光地で木刀がみやげものとして売られるようになったのだという。

参考
  ⇒白虎隊と会津武士道

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事