雑が喰おう

LED電球を購入するときにはココに注意しないと失敗する

前回は、改めて白熱電球とLED電球の違いをまとめてみました。
今回は、LED電球を購入する際の注意点を書きたいと思います。


LED電球 / yto

これは、広く一般的に知られていなかったがために、平成24年6月14日 消費者庁が販売元の業者12社に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出す事態に発展しました。
今回のこの事件、結果として、LED電球などに詳しくない消費者が商品を誤解をしてLED電球を購入してしまうことになりました。

消費者が誤解した箇所。それは、「白熱電球60ワット相当」などと表示しているパッケージにありました。


普段、私たちが電球を購入する際に見るチェックする箇所といえば、何ワットの電球か、口径はいくらか、色は白かオレンジか。ということだけではないでしょうか。

その感覚でLED電球を購入すると、思ったよりも暗い電球を購入してしまうかもしれません。

先の「白熱電球60ワット相当」などと書かれてあるLED電球のパッケージですが、ワットという単位は、前回の白熱電球とLED電球の違いでも出てきましたが、消費電力の単位です。
LED電球が60ワットだからと言って、白熱電球の60ワットの商品と同じ明るさだとは限らないのです。

ではどこをチェックして購入すればいいのか?

それは光量です。
光量の単位はルーメン(lm)といいます。
LED電球を購入する際は、このルーメンを基準に選ぶと間違いないでしょう。

一般的に、白熱電球60ワット型の明るさは810ルーメンです。
なので、この白熱電球をLED電球に交換する場合は、810ルーメン以上のものを選ぶと良いでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事