雑が喰おう

現状ではiOS版のGoogleChromeは使えないと思った3つの理由

20120629102724

iOS版のGoogleChromeがAppleStoreで公開されたとのことで、早速インストールしました。
パソコンのメインブラウザはGoogleChromeなので、ブックマークの同期がらくになることを期待していました。

確かに、パソコンとのブックマークが特に設定も必要なく同期できますので、便利ですし、開いているページをリアルタイムでやりとりできるのも素敵な機能です。

しかし、私は現状のiOS版のGoogleChromeをメインブラウザにすることは諦めました。


それは、次の3つの理由からです。

Chrome 19.0.1084.60(無料)
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 13.4 MB)
全てのバージョンの評価: (93件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

メインブラウザに設定できない

これは仕方がないです。
Safariで開くのは脱獄でもするか、iOSの仕様がかわらないかぎり解決できない問題です。

ブックマークの表示が気に入らない

20120629110718

なぜかアイコン付きの表示がデフォルトで、リスト表示はできないのです。
これは慣れてしまえば問題ないのかもしれませんが、かなり使いにくいです。

ブックマークレットが使えない

20120629110428

便利ですよね、ブックマークレットって。
ブログ書く際に、htmlリンクを一発で作成できたり、アフィリエイトリンクを簡単に作成できたりと。
PocketやEVERNOTEにURLを送るのもブックマークレットです。

しかし、この肝心のブックマークレットが使用できないのです。
アドレスバーに直打ちすれば使用できるとの話もありましたが、私はGoogleChromeが落ちて使用できませんでした。

まとめ

以上、3つの理由から私は、現状のiOS版のGoogleChromeをメインブラウザとして利用することはできないと判断しました。
とりあえず、ブックマークレットの利用さえできれば、使えるんですけどねぇ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事