雑が喰おう

良い父親になりたかったら子作りをする3か月前から禁煙しておくべき

marusan_5
marusan_5 / ajari

パートナーから妊娠の報告を受け、これをきっかけにに禁煙を始める父親の姿。
これはどこにでもある禁煙のきっかけエピソードかもしれません。
結果として禁煙に成功するか否かは別問題として、健康な赤ちゃんを授かりたい場合は、妊娠する前から父親が禁煙しておくべきです。

ダイアナ·アンダーソン博士曰く、
「精子細胞が完全に開発するためには3か月かかるので、父親は12週間のリスクを避けるために、妊娠する前に、喫煙を辞めるべき」と語っています。

これは、喫煙により傷ついた父親の遺伝子子どもに継承されるという結果がブラッドフォード大学の研究で明らかになったからで、傷ついた遺伝子が子どもに継承されることで、小児がん、白血病などの発生リスクが高まると注意しています。

これから子どもを授かりたいと願っているカップルで、もし喫煙しているのならば、今から禁煙を始めるべきです。
たばこはホント百害あって一利なしです。私も辞めたい。

»参考記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事