雑が喰おう

車に爪切りを置いておくとライフハックを考えてみた


車に爪切り搭載しようか考えている。

スマートフォンを操作する時に、親指の爪が伸びていると画面にカツカツあたる。
それが嫌だから。

そうなる前に、爪を切るようにするのが一番だし、気づいたら切ればいいだけの話。

なんだけど、家で爪を切るのってやることやって、ちょっと落ち着いたらって時であることがほとんどじゃないですか? 私の場合、そういう時には忘れてれる。
スマートフォンをも操作しない時間というのは、爪切りなんて頭にない。

それでは、職場に置いておくというのはどうか。
職場に爪切りを置くということは、職場で爪を切るということに限りなく近づくわけです。
まず、勤務時間中にはそういうことはできないし、休憩時間には人目が気になってしまいます。

そうなると、カバンに入れておくか、車に置いておくかということになります。
ならない?んじゃどこに置くといいのさ?

カバンはただでさえ荷物が多いのでこれ以上重たくしたくない。
したがって、車に置いておくのが私の場合は都合がいい。
自動車通勤の人とかみんないっしょに車に爪切り置いておこうぜ。

例えば開かずの踏切や、ちょ~長い信号待ち。
予定時間より早くに現場についた時など。
車移動中には手の爪、特に親指の爪を切るくらいのスキマ時間というのはざらにありそうですし。

ただ、車に刃物って載せてたらダメなんだったっけ?
爪切りくらいの刃渡りならば問題ないとも思うんですが、どうなんでしょう。
一応確認を取っておいたほうが安心かもなぁ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事