雑が喰おう

努力すれば必ず報われるという幻想

「努力は必ず報われる」論争に明石家さんま参戦 「そんなこと思う人はダメですね、間違い」 – ライブドアニュースを読んで、あらためてそうだそうだと同意した。

記事にもあるが、最近では為末大さんの著書「諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉」のなかでそのことについて書かれており、そうだよねと納得していた。

今回、明石家さんまが、ラジオの中で発言した

好きだからやってるだけよ、で終わっといた方がええね。これが報われるんだと思うと良くない。こんだけ努力してるのに何でってなると腹が立つやろ。人は見返り求めるとろくなことないからね。見返りなしでできる人が一番素敵な人やね

という部分好きですね。

そうなんですよね。
人は見返りを求めてしまうと思うんですよ、多かれ少なかれ。
そして、思い通りにならないときや、相手からの返事も含めて行動に対する対価が予想と違っていた時などに
「なんで?これだけやったのに」
なんて思いが出てきますし、それが対人だった場合には
「せっかく○○してあげたのに!」
なんて言ってしまうことがあります。

もはやこの時の感情は、怒りに変わってしまっています。

しかし、それって悪く言えば、相手に期待しているからなんじゃないかって話なんですよね。
相手に期待しなければ、思い通りにならなくても、思ったような対応じゃなくても、怒りがでてくることはないはず。

やったのは、自分がしたかったから。
続けるのは、自分がやりたいから。
誰がためではなく、己自身のため。

もちろん、自分勝手になりすぎて周りに迷惑をかけてしまってはダメですが、そういうことなんだろうと思います。

間違ってはいけない部分

こんな努力はむくわれる論を否定をすると

だったら努力は必要ないのか。

努力せずに報われることはない。

何もしなくては結果はでない。

なんて言い出す人が絶対いるんですよねw
誰も努力しなくてもいいなんて言っていないのに。

第一努力自体を私は否定していません。
何かをする行動そのものが努力だというのならば努力すれば少なからず結果に反映されるでしょう。

でもね、何度も言うし、あなたも知っているように、努力したからといって必ずしも成功するとは限らないのは明らか。
私の努力を数値化して1だとする。
あたなの努力を数値化したら10だったとする。

同じ量を同じ期間努力し続けても、私はあなたを追い抜くことは絶対できない。
むしろ追いつくどころか、日々その距離は広がっていくんですよ。

確かにウサギとカメのように、あなたが休んでいる間に追いつき、追い抜くこともできるかもしれない。
でも、あっという間に私の天下は終わってしまうでしょう。
あなた意外にも私より努力値が大きい人は何人もいるのですから。

私はこの世で一番嫌いな言葉

私はこの世で一番嫌いな言葉が努力です。

努力しても報われないことは重々あることは誰もが知っていること。
結果が出なければ、結果が伴わないならば、それは努力とは言わないのならば、それもいいでしょう。

え?結果に反映されなかっても、努力したことは無駄にならない??
はあ?
俺なんか努力して一日腹筋したけど、この腹は減っこまないぞ!

なに?
続けることが努力?
だったら苦手なものや嫌いなことを我慢し耐えて成し遂げたたった1回のことは努力じゃねぇのかよ!

そんな屁理屈を言いたくなるくらいに、私は努力という言葉が嫌いです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事