雑が喰おう

ワンプッシュ式蚊取りの用法用量は守ろう

消費者庁が発行している「子ども安全メール 2014年 9月 25日 Vol.206」で、ワンプッシュ式蚊取りの取り扱いについてとりあげられていました。

なんでも、誤って顔にかけてしまったなどの事故が増えているんだそうです。
また子供がイタズラをして、一本ほぼ全量をしようしてしまい、室内にいた3名が皮ふのしびれ等の症状がでた事例も厚生労働省に寄せられているそうです。

また、国民生活センター調べでは、置き型タイプのワンプッシュ式蚊取りを床において薬剤を噴射すると、ちょうど5歳児の顔の高さまで届くそうなので、注意が必要です。

Twitterでは、日焼け止めと間違えて思いっきり腕にかけてしまいピリピリがおさまらず、皮膚科に行くべきか、お客様相談室に電話したことがあるかたもいるようです。

実は私も、ワンプッシュ式蚊取りのその効果の永続時間から、服へスプレーすれば、日中蚊に悩まされることがなくなるのではないかと思い、やってみようとしたことがあります。

その時は、奥さんに止められて断念しましたが、止められて正解でした。
もしかしたら、そのまま病院へ直行しなければならないところでした。

ワンプッシュ式蚊取りは火や電気を使用しないので便利ですが、こういった事故も起こっていることを認識し、誤噴射防止ロックや子供の手の届かない所へ保管するなど、取り扱いに注意が必要です。

ところで、ワンプッシュ式蚊取りって、私が使用しているものは、効果が14時間ほど続くそうなんですが、噴射後、窓を開けていた場合でも風に流されたり、薄められたりすることってないんですかね。
その辺どうなんでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事