雑が喰おう

Evernote Scannableはファイル名のオプションを充実させてほしい

EVERNOTEが公式アプリとしてスキャナアプリを公開しました。
その名も「Evernote Scannable
なんて読むんですかね?知らない英単語です。

Evernote Scannableが公開されたとき、EVERNOTE関係の記事を公開するブロガーたちがすぐに記事にしていましたので、参考にするためにいくつか読みました。

しかし、いまいちそのすばらしさが理解できませんでした。
斜め読みだったからかもしれません。

というのも、EVERNOTEの公式クライアントアプリにもスキャン機能があるのになぜスキャンアプリを公開したのかわからなかったからです。

公式アプリにスキャン機能があるにも関わらず、わざわざ別のスキャンアプリを使用するというのは手間ではないでしょうか。
よほどすばらしい機能があるのであればまた違うでしょうが。

Evernote Scannableにそれだけの魅力があるのでしょうか。

使いもせず、あれやこれや思うのも違うでしょうから、めんどくさいと思いながらも実際にEvernote Scannableを使ってみた感想を率直に申しあげます。

公式クライアントアプリでスキャンするような場合には、Evernote Scannableを使ってスキャンします

まず、EVERNOTEアプリって起動すると同時に同期が始まるのですが、ノートを開くにしても、新しいノートを作成するにしても、同期が終わらなければ反応が遅すぎて使い物になりません。

しかし、Evernote Scannableは起動も早く、立ち上がればすぐにスキャンすることが可能です。
設定で「すべてEVERNOTEに保存する」ようにしておけば、Evernoteに送る操作も不要になりますので煩わしい操作はありません。

それだけでもEVERNOTEを使ってスキャンすることが多い人はEvernote Scannableを使用するべきでしょう。

また、Evernote ScannableはEVERNOTEにスキャンした画像を保存するだけではなく、メールに添付したり、カメラロールに保存したり、エクスポートできたりと、EVERNOTEユーザーでなくても使用している何かに対応できそうです。

ただ残念に思うのは、ファル名。

デフォルトでは『Scannable の文書』となっており、デフォルトのファイル名は変更できません。
もちろん保存する際にファイル名を変更することは可能ですが、ファイル名を『撮影日時間秒』などに変更できればファイル名がダブルこともありませんし、デフォルトのファイル名を変更できるようなオプションがほしいです。

また、タグをつけて保存したいなとも思います。

今後のアップデートで対応をお願いします。

Evernote Scannable
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事