雑が喰おう

アフィリエイターは「発生主義」と「現金主義」どちらがいいのか

売上は未入金でもきちんと売掛金として計上するのが原則です。
しかし、例外的に売上が入金されたら記帳するという方法もあります。

【新連載】教えて、木村先生! 確定申告あるある:プロブロガー&YouTuber必見、アフィリエイトの会計処理は? – 誠 Biz.ID

上記の記事は、原則通り、最低支払金額に達しないと入金されないアフィリエイトなどの売上を入金時に記帳するのではなく、きちんと締め日で売掛金として記帳しなければならないという話をされています。

記事にも書かれてある通り、最近はアフィリエイターやせどらーなど簡単に始めることができるので、副業をされている方も多いでしょう。

副業をはじめると一番ややこしいのが、確定申告
そして確定申告をする前段階として日々の帳簿の記帳が必要になってきます。

経理なんてわからない!
という人も多かろうと思いますが、基本がわかれば後はその繰り返しですので、税理士に丸投げするよりも自分で確定申告することをおすすめします。
また、自分で確定申告したほうがお得になる場合もあります。
まぁ税理士に領収書と売上高しか渡さないような人の場合ですけどw

そんな日々の記帳について、売上が発生しても、最低支払金額に達していなければ、入金されないというのはアフィリエイトなどではよくあります。

その仕訳の流れについて既出の記事では、簡略な内容で解説されています。
流れをつかむ上でもわかりやすいので参考にしてみてください。

記事では取り上げられていませんが、実は例外的に売上が入金された時点で記帳できる方法があります。

それは、現金主義による記帳方法です。
[手続名]現金主義による所得計算の特例を受けるための手続

ただ、現金主義はおすすめしません。
現金主義で帳簿を作成しても決算書は作れます。
しかし、そこには未入金の売掛金はありませんし買掛金もありません。
費用が出たり、入ったりというだけの内容になりがちです。

知識があればあるほど、決算書からあらゆる情報を読み取れるようになります。
それらから事業内容を反省したり、今後の事業展開について考える判断材料にもなります。

そのために、不完全な決算書には興味はありません。
もしかしたら現金主義だったがゆえに、銀行の融資も受けられないかもしれません。

そういった意味でも税理士は現金主義をすすめないでしょう。
だから、既出の記事でも現金主義には触れていないのかもしれません。

もし、これからアフィリエイトなどの副業をはじめられる場合、合わせて経理についても学ぶことをおすすめします。

仕訳なんてめんどくさい。
私は現金主義で行く!

それでもいいでしょう。
ただ、必ず税務署に現金主義の特例の書類の出し忘れだけには注意してください。
そして確定申告は必ずしてくださいね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事