雑が喰おう

やよいの青色申告オンラインに新機能が実装されたよ

やよいの青色申告オンラインにログインしたら、下記のようにお知らせがありました。

    2015年1月29日より以下の機能が追加されました。

    ■『やよいの青色申告 オンライン』/『やよいの白色申告 オンライン』をご利用の方へ

    ・平成26年分 所得税確定申告書の書式対応

    ・スマート取引取込の連携先追加
    <Moneytree(マネーツリー)との連携>
    『Moneytree』と連携することで、銀行明細やクレジットカード、電子マネーの取引データを自動で取り込んで仕訳データへと自動変換します。

    ※名称変更のお知らせ※
    スマートフォン対応アプリケーションの『bizNote for やよいの白色申告 オンライン』は、『bizNote for 弥生オンライン』に名称が変更されました。

    ■『やよいの青色申告 オンライン』をご利用の方へ

    ・仕訳帳・総勘定元帳の出力
    青色申告に必要な帳簿(仕訳帳・総勘定元帳)の出力に対応しました。

    ・「弥生データのインポート」機能
    「弥生会計」や「やよいの青色申告」で入力した取引データを『やよいの青色申告 オンライン』に取り込むことができます。
    弥生インポート形式であれば他社の会計ソフトの取引データも取り込むことができます。

    ・スマートフォン対応アプリケーションのお知らせ
    スマートフォンからも『やよいの青色申告 オンライン』のご利用が可能になりました。
    『bizNote for 弥生オンライン』は、初心者にもわかりやすい シンプルな機能とデザインで、誰でも簡単にスマートフォンから取引の入力が可能です。
    ※クラウドキャスト株式会社が提供するアプリケーションです。

    『bizNote for 弥生オンライン』
    http://biznote.jp/yayoi/

大きな目玉は次の3つ

  • 仕訳帳・総勘定元帳の出力
  • 「弥生データのインポート」機能
  • bizNote for 弥生オンライン

bizNote for 弥生オンライン

『bizNote for 弥生オンライン』に関しては以前にご紹介しました通りで、期待していたアプリだったのですが、「事業主借」「事業主貸」などの個人事業主特有の科目が含まれていないなど、まだちょっとメインで使用するにはいたらないアプリだと思います。
今後に期待してますので、よろしくお願いします。

参考

「弥生データのインポート」機能

これは実装待ちだった人も多いのではないでしょうか。
弥生データのインポート機能により、平成26年分の帳簿を古いバージョンのやよいの青色申告で作成されていた人も決算書や確定申告書を作成できるようになりました。

あとは、エクスポート機能が実装されれば、やよいの青色申告オンラインが肌に合わなかったとしても、パッケージ版にもどることができますからね。

仕訳帳・総勘定元帳の出力

青色申告に必要な帳簿(仕訳帳・総勘定元帳)の出力に対応しましたから、やっと通常業務ができるようになりました。

これまでは、仕訳帳しか参照できず、科目別に参照できなかったからです。

とはいうものの、実際に実装されたのは、29日よりも前なのかな。
何かの時に入力データを探すさいに科目で抽出できたような気がします。

普段は、「仕訳の入力」の『仕訳の一覧』にある絞り込みから科目を選択すれば、各科目別に参照できるようになっていますから、日々の入力ミスチェックも行えるようになりました。

総勘定元帳は「確定申告」メニューにある帳簿PDFのダウンロードのことを言っているのでしょうか。
確定申告メニューは期中はほぼ参照しないですけど。

さいごに

こうして今回の機能追加を確認してみましたが、8割型できたから実装したよ。というような感じですね。
bizNote for 弥生オンラインに関してはまだまだ全然使いものにならないし。

あと、どうせならば、パッケージ版のように左サイドにあるメニューに帳簿メニューをつけてほしいですね。
科目別に帳簿を確認するために、「仕訳の入力」や「レポート」からなんどかクリックして探さねばならないのはめんどうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事