雑が喰おう

レビュー:ダイソーのLightningケーブル

昨年末くらいにネットで見かけて気になっていたダイソーLightningケーブルをついにゲットしました。

こういうのも田舎というのは関係しているのか、ダイソーでついにLightningケーブルがでたぞー!という話題を見かけても、近所のダイソーでは入荷していませんで、ずっと待ってましたが、ついに入荷されていました。
私が商品を実際に見ている間にも何人もの人が、Lightningケーブルが100円だと!?という表情で手にとって眺めていましたが、ほとんどが購入していませんでした。

それもそのはず、だって見た目が純正とは違ってだいぶチープなつくりですから。
これでほんとに大丈夫なのかと不安に思うのでしょうね。

事実、私も実物を見た時にほんとに大丈夫なのかと不安が頭をよぎりましたが、ものは試しとまずは一つ購入してきましたので、さっそくレビューです。

ダイソーのLightningケーブル 開封の儀

ダイソーのLightningケーブル6
まずは全体像。

ダイソーのLightningケーブル5
ズームしてみたところ。
ふむふむ。充電専用ケーブルのようです。
パソコンとの同期は対応していないようです。

実際に試してみても、認識してくれません。
同期させたいのならば、純正のLightningケーブルを買いましょう。

ダイソーのLightningケーブル7

ダイソーのLightningケーブル8 コネクト部分の拡大画像です。
純正のLightningケーブルと違ってプラスチック素材でできています。

特許回避なのか、安く仕上げるためなのか、純正Lightningケーブルと違って、金属板は片面にしかついていません。
『UPSIDE』と書かれているほうをiPhoneの表に向けて差し込みます。
逆にすると、充電できません。急いでいる時は間違いそうですね。

ダイソーのLightningケーブル4
実際に充電している画面です。

ダイソーのLightningケーブル2
パッケージではiOS7(7.0.6)で動作確認済みとありますが、iOS8.1でも問題なく充電できています。

ダイソーのLightningケーブル1
パッケージにかかれてある対応機種は、以下の通り。
iPhone5、5s、5c
iPod Touch 第5世代
iPod nano 第7世代
iPad 第4世代、iPad miniシリーズ
iPad Air 等Lightning端子対応機種

ネット情報では、iPhone6、6Plusでも問題ないとのことなので、iOSのバージョンが上がって対応できなくなるまで、Lightning端子対応機種ならば、一通り使えそうです。

そして、個人的に気に入ったのがこれ。
ダイソーのLightningケーブル3
もう袋はいらないけど、繰り返し使えるつくり!
なんていう名前かしらないけど!

使用感

実際に使ってみて思ったのは、60cmと純正Lightningケーブルと違って短いので、純正を使ってた間隔で使うにはちょっと物足りない(長さが)。
車のシガーソケットに挿して使うには、ちょっと届かないという場合があるかも。

また、片面でしか充電できませから、表裏気にせずに差すのがあたりまえになっていた分、表裏を確認してから差さなくてはならないので、目視が必須。

さらに、ケーブルの長さが短いので、コンセントから直接充電しながら、お布団の中でiPhoneゲームというのが日課の人は、延長コードが必須でしょう。

致命的なのは、データ転送には非対応なので、パソコンとの同期などをするにはデータ転送に対応したLightningケーブルが一本は必要だということ。

とはいえ、10分の1の単価で購入できますから、予備の充電用コードとしては、充分でしょう。

サードパーティ製のLightningケーブルがでなかった当初に純正のLightningケーブルを5本購入した過去を考えると、感慨深いものがあります。
それも残り2本となっており、自宅と職場にあるので、いざデータ転送が必要だという場合もなんとかなりそうですし、車や寝室での充電用としてあと数本購入してもいいかなと思っています。

データ転送用は、レビュー評価も高いこれを買おうかなと思っています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事