雑が喰おう

まだKDPのためにTIN取得に翻弄しているの?

涙を流す男性

IRSよりEINがついに届く

先日、やっとIRSからEINが届きました。
FAXによる返信ではなく、書面による通知でした。

Kindleで出版してみようと思い立ってからいったいどれくらいの月日がたったのでしょうか。
IRSにEINを発行してもらうためにSS-4を作成してから考えても半年くらいかかっています。

感慨深いものがありますが、EINを取得したことで満足してはいられません。
Kindleで出版するために、まずは税にかんする質問を完了させましょう。

EINを取得した私にはもう恐れるものは何もないぜ!
そう意気揚々と質問に答えていましたが、再びコケることになりました。

Kindleで税にかんする質問に真面目に答えて進めてもEINを入力する画面がでないまま終了してしまったのです。
もちろん30%の源泉ままです。

これはどういうことなのか。

何度やってもEINを入力できません。
むしろ、EINではなくITINを入力しろとさえ言われます。

なにこれ、ネットの情報と違う!

再度ググッてみましたところ、個人ではなく、法人やみなし事業体として進めればいいとありました。
なるほど、個人事業主というわけですね。

が、やはりできません。
次はアメリカに住所がなければEINを入力しても次へ進めないのです。

これはもう新たにITINを取得し直すしかないのか。
そう諦めかけていたその時、新たな情報にたどり着きました。

スポンサード リンク

日本国内に販売先を絞れはTIN取得はもう必要ない

漫画家の粟岳高弘(‏@AwatakeTakahiro)さんによると、 現在日本と他の一部の国については米国の30%源泉徴収を適用していないらしいです。 1

なんと、私がEIN取得に悪戦苦闘している間に、世の中は変わっていたようです。
KDP関係の情報はほんと数年、いや数カ月の間にどんどん情報が古くなっていきますねぇ。

なんだか拍子抜けしてしまいましたが、これで私のKindle作家への道に障害はなくなったも同じ。
あとは中身を作るだけになりました!

はい、マンガ読んだり、ブログ書いていたら一日が終わってしまい、ここにきてKindle作品に手を付けていない事実が明らかになりました!

頑張りますっ!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事