雑が喰おう

「補助金」と「助成金」や「給付金」と「交付金」の違いを説明できますか?

お金の上にたつサラリーマン

補助金」と「助成金」や「給付金」と「交付金」の違い

事務系の仕事をしていると、たびたび「補助金」や「助成金」の扱うことがあります。
なんとなく「補助金」や「助成金」とは「給付金」の名称だろうとわかりますが、そもそも「給付金」と「交付金」の違いや「補助金」と助成金」の違いってはっきり区別することができない人も多いのではないでしょうか。

そこで、 「補助金」と「助成金」や「給付金」と「交付金」「補給金」の違いについて勉強してみました。

「給付金」と「交付金」、「補給金」の違い

そもそも国や地方公共団体などが公的資金等を投じて事業者や個人にお金を供給する制度はいくつかありますが、それらを総じて、「給付金」「交付金」などといいます。

この「給付金」と「交付金」の違いは以下のとおりです。

給付金
あらかじめ定められている受給条件を満たしているいれば、支給されるお金
給付制度の内容により、受給条件は変わってくる。
交付金
交付金とは、国や地方公共団体が特定の目的をもって交付するお金
一般的に、国や地方公共団体の代わりに事業を行うことで、交付されるというような内容のものが多い印象です。

「給付金」と「交付金」はどちらもお金を支給される制度の総称として使われることが多いですが、体感として、上記説明でも述べたように、交付金に関してその条件が、国や地方公共団体の代わりに事業を行うことで受給できるものが多く 1 、個人に対して交付金を支給することはまずないと思っても問題ないと思います。

また、あまり聞き慣れない言葉に「補給金」というものもありますが、これは特定事業の助成のために国が交付する補助金であり、交付金の中に含んでもいいのではないかと思います。

「補助金」と「助成金」の違い

では、「補助金」と「助成金」の違いについてです。

公的給付金の場合、厚生労働省が出す給付金は◯◯助成金と言う名称がほとんどで、それ以外の団体の場合は○○補助金や○○交付金というのがほとんどです。

法律上、給付金の名称の定義はないのですが、なぜか厚生労働省の給付金に関しては助成金という名称が多いです。
また、「奨励金」としながらも案内では助成金として呼称する場合もありますw

では、厚生労働省が給付するものかどうかで区別されるのかといえば、そうとも言えません。

体現として、助成金は受給条件を満たしていれば、財源の続く限り誰でも給付金を受給できますが、補助金の場合、受給条件を満たしていても、申請のあったものの中から、一定数の申請者のみ受給できます。

これが、助成金と補助金の大きな違いと言えますが、前述の通り、給付金の名称の定義はないので、慣例として区分されているというのが実情であると言えます。

したがって、正確に「補助金」と「助成金」の違いについて断言することは不可能と言えます。

「補助金」と「助成金」ですが、これらが「給付金」か「交付金」かと問われれば、「給付金」である。と答えれば間違いないと思います。

なぜならば、給付金制度の中に○○補助金や○○助成金というような制度があるからです。

また、子育て世帯臨時給付金や臨時福祉給付金のように、○○給付金という名称のものもあり、その内容からしても助成とも補助ともどっちともつかない場合には給付金という名称をそのまま使用することもあります。

これらのことを含めると、給付金と交付金は違う制度と考えるよりも、給付金のなかに、交付金、補助金、助成金、補給金、補償金がある。と考えるほうがスマートでしょう。

もっとも、これらは私の分析によるものなので、どこかで定義されているのかもしれません。
もしそういった文言があるのならば、教えてください。


  1. 補償や助成を目的とする場合もあります。 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事