雑が喰おう

iPhoneの指紋認証で意図しないロック画面の通知削除等を防止する方法

私は現在、iPhone6sを使用しています。
この機種の前に使用していたのは、iPhone5で、iPhone6sに機種変更したことで改良されたそのほとんどの機能に感動していましたが、なかでもTouch ID指紋認証)の便利さはもう手放せません。

iPhoneのTouch ID(指紋認証)自体は、iPhone5sからの実装だったと思いますが、iPhone6sの指紋認証は、すでにTouch ID(指紋認証)を利用していたユーザーが驚くほどその精度が向上されています。

しかし、Touch ID(指紋認証)の精度が向上されたが故に弊害もでてきました。

Touch ID(指紋認証)の感度が良すぎることによる弊害

下記の検証動画を見てもらえばわかる通り、iPhone6sのTouch ID(指紋認証)は大変高速化されています。

これはこれで、大変便利なのですが、これによる弊害もあるのです。

ロック画面の通知が確認できない

それは、Touch ID(指紋認証)が早すぎてロック画面が確認できないというもの。

どういうことかというと、ロック画面で通知を確認しようをiPhoneをアクティブにしようとしたら、ロック解除してしまうことがあるのです。

確かに、Touch ID(指紋認証)によるロック解除は大変便利な機能です。
しかし、ロック画面への通知はロック解除を行うと自動的に削除されてしまいます。
そのため、通知を確認するはずが、通知を確認せずに削除してしまうという矛盾が発生してしまうのです。

スヌーズが効かない

それだけではありません。

そう、寝ぼけ眼でiPhoneのアラームを止めて二度寝してしまうと命取り(クビ)になってしまう可能性があるのです。

これはとんでもない脆弱性です!w

意図しないロック解除への対抗策

ForeverNotification

意図しないTouch ID(指紋認証)によるロック画面の通知削除については、『ForeverNotification』の導入で対応しました。

ForeverNotificationは脱獄Tweaksですから、iPhoneを脱獄する必要があります。
そのため、すべての人が導入できる対応策であはありません。

しかし、同じようにTouch ID(指紋認証)によるロック解除で通知を見逃してしまうことに悩んでおり、脱獄環境下にあるのであれば、ForeverNotificationを試してみることをお勧めします。

ForeverNotificationは、インストールしておくだけで、ロック解除しても通知は消えずに残り続けます。
通知を削除するには、スワイプによる個別削除やアプリを開くなどの、通知を削除する通常の動作で消えます。

ForeverNotificationのインストールは、Cydiaから検索すればすぐに見つかります。
もちろん無料です。

アラームはDueに任せる

意図しないTouch ID(指紋認証)によるロック画面でのスヌーズオフには『Due』で対応しました。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Dueといえば、しつこい通知でお馴染みのリマインダー、タイマー、アラームアプリです。

このしつこい通知こそが肝です。
Dueの通知はロック解除をした程度では削除されません。
なので、目覚ましにスヌーズ機能を使いたいのであれば、Dueでアラームを登録し、スヌーズ設定しておけば、Dueでチェックするまで、スヌーズで通知され続けます。

Dueは、定価600円とちょっと高めで、アラーム音はアプリ内課金もあるので、ちょっとなぁ。
という場合でも、Dueと同じように、ロック解除程度ではスヌーズが解除されないアラームアプリならば、問題ないと思いますので、試してみてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事