雑が喰おう

妊娠中の口腔ケアについてまとめ

妊婦歯科健診が無料で受けられるようになりました」でも触れましたが、妊娠中の妊婦歯科健診は重要ですが、普段の口腔ケアも大切です。
口腔ケアが問題なくできていれば、妊娠中の口腔トラブルは恐れることないでしょう。

とはいえ、妊娠中のホルモンバランスの変化などもありますし、つわり中の妊婦さんはにおいに敏感になったりと口腔ケアとくに歯磨きが辛い時期もあります。

それまで問題なく使用していた歯磨き粉のにおいでさえ苦手に感じることもあります。

そんな妊娠中の口腔ケアについて、調べてみましたのでご紹介。

妊娠中の身体の変化

妊娠中は、ホルモンバランスの変化により、唾液の分泌が減少します。

唾液には、口の中を正常に保つ働きがあるため、唾液が少なくなると虫歯歯周病歯肉炎などになりやすくなってしまいます。

また、つわりにより、歯磨き粉のにおいが嫌になったり、歯ブラシを口に入れるのさえ嫌になることもあります。

つわり期の口腔ケア

つわりが酷い時期には、食後や就寝前、起床後などに歯磨きをするのではなく、体調のよい時間帯にするのがいいでしょう。

「歯磨きをしなければいけない」と無理矢理にでも歯磨きをすることが逆にストレスになるよりも、リラックスして歯磨きをすることのほうが重要です。

歯ブラシはコンパクトヘッドのものを使う

つわり期には、歯ブラシを口にするのも嫌に感じる人もいます。

そんな時は、小さいヘッドの歯ブラシを使用することで、楽になる場合があるようです。

また、ブラッシングの際に、少し前かがみになり、小さく小刻みにブラッシングし、歯ブラシを舌に触れないようにすることで、嘔吐感が出にくくなるそうですので、お試しください。

歯磨き粉は低刺激のものを選ぶ

妊娠中はそれまで使用していた歯磨き粉のにおいがダメになることもあります。

そんな時は、歯磨き粉を変えてみて自分にあったものを選びましょう。

なかでも、無香料・柑橘系・ミント系はつわり期の妊婦さんでも使いやすいといわれています。

たとえば、arau.(アラウ)のせっけんハミガキなんかどうでしょう。

アウラといえば、石油系合成界面活性剤・合成香料・着色料・保存料 無添加製品を製造しているサラヤ株式会社のブランドです。

この商品も、香料や着色料などの添加物は一切不使用しておらず、合成界面活性剤、アルコールフリー。そして、無香料なので、刺激が少ない歯磨き粉です。

もし、新しい歯磨き粉を購入してもダメだった場合には、旦那さんに使ってもらうようにしましょう。

歯磨き粉を飲んでしまった

たまに、妊婦さんで歯磨き粉を飲んでしまったが、胎児に問題か心配という声があります。

もちろん大量に歯磨き粉を飲み込んでしまったら問題があるかもしれませんが、歯磨き粉を飲み込んでも身体に影響はありません。

歯磨きに使用する量の歯磨き粉を飲み込んでしまって胎児にも影響があるというのならば、そもそも含まれている成分に問題があると言えるでしょう。

その場合、妊娠中でなくても身体に影響があるでしょう。

それでも歯磨きできない

デンタルリンス

コンパクトヘッド歯ブラシで無香料・柑橘系・ミント系の歯磨き粉でもダメだった。

そんな時は、デンタルリンスや水でのブクブクうがいだけでもやっておきましょう。

口腔ケアは、ブラッシングやデンタルフロスなどを使用しきれいに保つのが一番ですが、つわり期は拷問でしかないこともあります。

そんな時は口腔ケアをまったくしないよりは、デンタルリンスなどを使用してうがいだけでも行い、少しでもきれいに保つようにしましょう。

キシトール製品

あとは、キシトールガムやキシトール製品で虫歯予防するのもいいでしょう。

歯磨きができない。そんな時はデンタルリンスによるうがいに加えて、キシトール製品を摂るのもいいでしょう。

もちろん、つわり期でも歯磨きは問題なくできているという妊婦さんにも、デンタルリンスやキシトール製品はおすすめ。

妊婦さんにキシトールって大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、キシトールは天然甘味料ですので、胎児にも問題ないされており、歯医者でも妊婦さんにキシトールガムを推奨しています。

キシトールガムの選び方

キシトール50%以上

シュガーレス

のものを選ぶと良いとされています。

よくわからなければ、ロッテのキシトールガム。キシトールガムといえば、あの緑色のガムですよね。あれです。

もしくは、歯医者さんでもキシトールガムが売られていますので、そちらの方がおすすめ。

なんでもキシトール100%らしいっす。

妊娠中とくにつわり期の口腔ケアについて調べてみましたが、今回取り上げたつわり期の口腔ケアもほとんどが虫歯予防のものですから、やはりブラッシングするのが一番だと思います。

つわりが落ち着き安定期に入った時に妊婦歯科健診を受け、問題がないか確認してもらいましょう。
高知県のように妊婦歯科健診を無料で受けられるかもしれませんよ。

もし、治療が必要な場合には、抗生物質を処方されることがありますので、妊娠中であることを必ず伝えるようにし、歯の治療について、どうするか産科医にも相談しましょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事