雑が喰おう

YouTubeに広告が表示されないのは人気がないから

YouTube
YouTuberが話題になり自分もYouTubeで稼いでみたいとはじめた人も多いのではないでしょうか。

そんな初心者ユーチューバーにありがちな最初のつまづきが「動画に広告が表示されない」というものでしょう。

初心者ユーチューバー最初の試練

YouTubeアカウントを作成し、Google AdSenseのアカウントも作成した。

もちろん、YouTubeアカウントとGoogle AdSenseアカウントの連携も済んで動画のアップロードも完了。

収益化する動画の選択もOK。

動画のプライバシー設定も非公開や限定公開ではなく公開に設定して準備は完了!

なのに広告が表示されない!

そういう声が平成29年4月7日以降増えるものと想像します。

もし、広告を表示したい動画が「広告を表示できないコンテンツ」でないのであれば、動画チャンネル視聴回数が10,000回未満だからでしょう。

広告掲載制限になった理由と今後

なぜ平成29年4月7日以降そういったユーザーが増えると考えるかというと、アメリカ時間で平成29年4月6日からそういう方針となったからです。

YouTube クリエイター ブログでそのことは発表されており、クリエイターを保護するためのYouTubeパートナープログラムのセーフガードの拡大として、「優良クリエイターの収入を守るため」という理由から視聴回数が10,000回未満のチャンネルの動画には広告が表示されないようにしたそうです。

また公式発表はないですが、先の不適切な動画に広告が表示される問題で広告主の撤退に対する措置にもつながるものではないでしょうか。

今現在、広告を表示できるチャンネルでも視聴回数が10,000回未満の場合には広告が表示できなくなるそうなので、新しい動画に広告を設定してもいつまで経っても広告が表示されない、なぜだろうと悩むユーチューバーもでてくるでしょう。

悪徳業者やプログラムの出現を懸念

今後、チャンネル視聴回数引き伸ばし業者やプログラムが出てくるかもしれません。

動画再生回数を伸ばすために、PSYのカンナムスタイルのときとは違った方法で。

現在、YouTube動画の再生回数は、PSY問題以降、同一IPに対して一日に一回しかカウントしない仕様に改正されています。

そのため同一IPでチャンネルに登録された動画すべてを再生し、その後IPを変更してもう一度すべての動画を再生する。みたいなプログラムが出現するかもしれませんし、すでにあるかもしれません。

出てきてもすぐに対策されるのがオチでしょうけどね。

視聴回数1万回をクリアできるのか

一般ユーチューバーの大多数がこの最初の10,000回再生のクリアに時間がかかるのではないでしょうか。

もっとも10,000回再生をどれだけ早くクリアできるか、クリアまでにかかった時間が短いほど、人気ユーチューバー候補としての自信に繋がるものと思います。

あとはもうね、10回再生される動画があったら、あと1,000個動画をアップしたらすぐにクリアできますしね……。

やっと、チャンネルの視聴回数が10,000回を超えても、つぎの試練が待っています。

そのチャンネルがポリシーに沿っているかどうかをYouTubeが審査し、問題がなければYouTubeパートナープログラムに追加して広告表示を開始されるというように審査も厳格化されるようです。

まとめ

今回の改正について、広告収入目的のユーチューバーにとっては痛い改正と捉える人もいれば、とっくにクリアずみで楽観視する人もいるでしょう。

広告主にとっては、優良ユーザーの動画のみに広告を掲載されるので安心感が増えるでしょう。

視聴者にとっては、どうでもいい話かもしれません。

むしろ、広告は不要と思っている人のほうが大半かもしれません。

私はブログに掲載するようにチャンネルを作成したばかりなので……。

参考リンク

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: ,