雑が喰おう

「医者」と「医師」のちがい

「医者」と「医師」のちがい

これまで特に気にしたことがなかったのですが、ここ最近、医療費控除 について改めて勉強しているなか気になったのが「医師」という言葉。

これまで私は「医者」「お医者さん」などと言っていましたが、はたして「医者」と「医師」は同じものを指す言葉のでしょうか。

といいますのも、医療費控除関係の文書を読んでいると医師という言葉はでても医者という言葉はでなかったからです。

そこでさっそく調べてみました。

辞書によりますと

医者

病気や傷の診察・治療を職業とする人。医師。

医者(イシャ)とは – コトバンク

医師

①医師法に基づき、傷病の診察・治療を職業とする人。医者。
②律令制で、典薬寮の職員。
③江戸幕府で、医療を担当する職員。奥医師・表医師などに分かれる。

医師(イシ)とは – コトバンク

とありました。

一見同じように見えますが、医師については”医師法に基づき“という文言があるのに対し、医者にはそれがありません。

ちなみに、医師法とは、医師全般の職務・資格などを規定した法律です。

医師法のなかで第二条に

医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。

医師法

とあります。

この”医師法に基づき“という部分は、医師国家試験に合格し免許を受けた者という意味があるものと解釈できます。

それに対し医者の意味にはこれらに類する文言がありませんが、医師とも同意義、類義語ともとれます。

これはつまり、医者という病気や傷の診察・治療を職業とする人の中に医師免許を持った医師がいるということなのではないでしょうか。

ただ、これだと医師の説明文にある医者が説明つかないんですよね。

これによって同意義ととれますから。

実際のところはどうなんでしょう。

法律により医師の定義はありますが、医者の定義はないので混乱します。

同意義でなければ、医師免許のある医者を医師、医師免許のない医者を闇医者ここまでは納得できるんですけどね。

だったら、医者の説明文にも医師免許のくだりを入れたらいいけれど、そうもいかないのかな。

このへんが法律で定義されている縛りかな。

このような「医者」と「医師」のように同意義だけど片方しかちゃんと定義されていない言葉ってほかにもありそうですね。すぐに思い浮かばないけど。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事