雑が喰おう

ComicGlass(コミックグラス)の転送速度が遅い原因と解決方法

ルータを買い替えて、無線LANの規格に11acが追加されたことで速度が6倍ほどになった。
具体的には、調子の良いダウンロードで60Mbpsだったのが、370Mbpsなった。
100MB程度のファイルならば、瞬時にダウンロードが完了する。

しかし、ローカルネットワークでの速度はそれほど変わらない気がした。
なぜならば、「ComicGlass」へのファイルのダウンロードに変化がほぼ見られなかったからだ。

ComicGlass[コミックリーダ]
カテゴリ: ユーティリティ, ブック

遅すぎる違和感

たしかに速度が倍にはなった。
ComicGlassへのダウンロード中に表示される速度が1Mb/sから2Mb/sにはなったのだから。
でももっと早くなることを期待していたのに期待はずれだった。

ちょっと待ってほしい。

これまでルーターが古いものだから無線LANの規格も古いしこんなものなのだろうと思っていたが、6倍の速度が出ているのに、ComicGlassへの転送速度に限って2倍にしか増えないのはおかしいのではないか。

ComicGlassへのファイル転送はWi-Fi接続されたMacBook AirからWi-Fi接続したiPhoneという環境とはいえそこまで速度が落ちるものか?

転送速度の単位が違うという問題でもないのではないか。

370Mbpsならば46.25Mb/sである。接続環境の問題があるにせよこれに近い数値がでるはずだ。
そもそも、60Mbpsだった以前でも7.5Mb/sはでるのではないか。

ルーターの問題などではなかったのではないか?

遅い原因はなんだ

現状ComicGlassへのファイル転送にはプロトコルを「SMB」に設定している。

これは他にサーバーアプリなどを起動しなくてもMacBook Airのファイル共有機能だけで転送できるのでお手軽だし、ComicGlassのサイトでも推奨と明記されていたので、ComicGlass導入時から使用していた。

何か情報はないかとサポート掲示板に期待したが、荒れてたし、検索機能も使えなかった。

しかたないのでGoogle先生に引っかかる過去ログからそれらしいものを探した。

そして見つけたのがこのトピックス

このなかでつぎのようにあります

HTTPについてはiOSの機能を使っているため高速に転送できますが、SMBについては独自に実装しておりますので現在のところ転送速度が遅くなっております。

つまり、ComicGlassへのSMBプロトコルを利用したファイル転送が遅いのは仕様によるものだったのです。

こればっかりはもうユーザー側ではどうしようもないことです。

サイトにSMB推奨と記載されていたことを信用していたけれど、転送速度を求めるのであれば、HTMLサーバーやFTPサーバーを立てたほうがいいということ。

HTMLプロトコルを利用したファイル転送はiOSの機能を使用しているので高速に転送できると明言されていますしね。

改善策:ComicGlass MediaServer を利用する

ComicGlass MediaServer から最新版をダウンロードし起動したら、共有したいフォルダを選ぶだけでメディアサーバーの設置は完了。

特に難しいことな何もなかったです。

今までの転送時間が嘘のように一瞬で完了するようになりました。

SMBプロトコルを利用したファイル転送を行っており、その速度にストレスを感じている方はComicGlass MediaServer での転送をおすすめします。

総括

ComicGlassのSMB転送が遅い件について

こちらもヒットしました。

こちらの記事では、2016/01/20に返答があるのに対し、 前述のトピックスでの返答は、2017/02/01です。

この間およそ1年間、その間にもComicGlassのアップデートはありましたが、SMBの速度についての改善は行われていなかったようです。

今後どのバージョンで改善されるのかはわかりません。
それまでは、ComicGlass MediaServerでHTML転送を利用するしかないようです。

Macの場合、導入はかんたんでしたが、Windowsの場合文字コードの問題があるとかで敷居が高そうな気がしますが、やってみると意外とかんたんだと思います。

そういった意味でも、専用ソフトを用いず、OS搭載のファイル共有機能(SMB)を利用できるというメリットは大きいのかもしれません。転送速度さえ改善されれば。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事