雑が喰おう

「探検」「探険」「冒険」意味のちがいと使いわけ

「たんけん」を変換しようとしたら候補が2つ出てきた。

「探検」と「探険」にどういった違いがあり、正しいのはどちらなのだろう。

変換候補に似たのが2つ

辞書をひいてみると驚いたことに、探検と探険は同じものとして表記されています。

探検と探険は同じ

ではどちらを使用してもかまわないということ。

いやいや、もう少し詳しく確認してみましょう。

「探検」と「探検」のちがいは、「検」と「険」です。

これらの漢字の持つ意味を確認してみましょう。

「検」と「険」それぞれの意味

「検」の意味

しらべる。あらためる。良し悪しを調べる。とり調べる。
文章などを封じて印をおす。封印。
取り締まる。引き締める。締めくくる。

「険」の意味

けわしい。山が切り立っている。
けわしい。あぶない。あやうい。
けわしい所。平らでない所。
きびしい。きつい。とげとげしい。

漢字の意味で理解する

「検」と「険」の漢字を調べると部首がちがえば、意味もまったく異なることがわかりました。

漢字の意味だけを見てみると調べるという意味がある「検」を使用した「探検」のほうがしっくりくる使い方なのではないでしょうか。

一方、探険はその険の意味からけわしい様子がうかがえますので、冒険に似た意味合いで使うのがいいのではないでしょうか。

あれ?

「冒険」にも「険」という字が使用されています。

「冒険」と「冒検」

ぼうけんにも「冒険」と「冒検」のちがいはあるのでしょうか。

しかし、辞書を調べてみても「冒険」はあっても「冒検」はありません。

冒検という言葉はない

そもそも、冒険の「冒」には無理にするとか強引にするという意味がありますから、「冒険」とはけわしいことを強引に進むという意味が漢字から読み取れるように、辞書にはつぎのように記載されています。

危険な状態になることを承知の上で、あえて行うこと。成功するかどうか成否が確かでないことを、あえてやってみること。

冒険(ボウケン)とは – コトバンク

漢字の意味を考えればもっともな意味を持つ熟語だということがわかります。

ですから「検」のような調べるという意味を持つ漢字を使った「冒検」とはないのでしょう。

強引に調べるという意味の熟語があってもおかしくはないとも思えますけどね。

総括

まとめますと次のようになるのではないでしょうか。

探検

未知の地域に実際に行って調べること

探険

危険を承知で、未知の地域に実際に行って調べること

冒険

危険を冒して行くこと

これらの意味を理解したうえで使いわけることがかっこいいのではないでしょうか。

ただし、この総括に記載したことは私の個人的解釈でありどこかで定義されているものではないということに注意していただいたうえでご使用ください。

参考リンク

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事