雑が喰おう

食用になるアンコウは主にメスだけ


日本で食用にされているアンコウは、キアンコウとクツアンコウの二種類で、一般的にアンコウとして売られているのは、キアンコウの方。
その中でも主に売られているのは、メスの方で、オスはあまり売られていない。
これは、アンコウ自は体長1.5m、体重40キロにもなる大型のだが、オスはメスに比べて非常に小さいからなんだとか。
そのため、市場で売られるアンコウはメスが多いので、食べられるアンコウも主にメスになるということ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事