雑が喰おう

日本という漢字は何て読む?


国旗上金巾 53×70cm mkd-kokki-5-4

日本という漢字はニホンと読んだり、ニッポンと読んだりするがなぜ二通りの読み方があるのだろうか。
テレビ東京では、名などは基本的にニッポンと読むが、固有名詞などはニホンとニッポンを使い分けているのだという。
しかし、これは統一基準ではないため、テレビ局によって違うこともあるのだという。

歴史的には奈良時代に中国人に説明するために、中国読みでニッポンと呼んでいた。因みに中国読みではニーペンというらしい。
そして、時代は変わり、戦国時代宣教師がニフォンと呼ぶことが広まり、江戸時代にニホンといわれるようになったのだとか。
ニッポンとニフォン、ニホンという発音の変化の中で簡単に発音できるニホンが最終的に残り、もともとのニッポンも残り二通りの読み方があるのだという。
因みに、国を応援するときはニッポンと発音したほうが力が入るため、ニッポン!と応援されるのだとか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事