雑が喰おう

時代劇に出てくるサイコロは嘘


時代劇で丁半賭博で使用されるサイコロ。実はあれは当時には存在しないものだ。
正確にいうと、サイコロ自は存在していたのだが、サイコロの模様である。劇中では1の目は赤い点で描かれ、それ以外の目は黒いで数字が描かれいる。
そのサイコロの目が当時ではありえないのだ。
サイコロの1の目に赤が使われるようになったのは、昭和初期頃からといわれており、江戸時代には存在しないのだ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事