雑が喰おう

「しどろもどろ」とは話し方がたどたどしいという意味ではなかった

現在ではしどろもどろといえば、話し方がたどたどしい様子のことを指す言葉として使われているが、実は違う意味で使われていた言葉。 今の意味で使われるようになったのは、明治以降で、漢字では「四度路戻路」と書き、“足並みが乱れる”という意味で使われていた言葉なのだ。
今では足並みが乱れることをなんと言いますかね?何かありましたっけ?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , ,