雑が喰おう

アインシュタインの相対性理論は日本で非難されたことがある


アインシュタインの相対性理論は日本の講演会で非難を浴びせられたことがあるのだという。
その理由は、相対性理論の内容ではなく、名前原因
大正時代に翻訳された際、日本では“相対”というのは男女の心中の意味であった。(現在でも相対と言ったりする人もいる)
さらに、“性”という字も付いていたために社会的非難を浴びたのだという。
ちなみに、相対死とは、元禄の時代心中が美化される風潮が起こったため、幕府が心中に代えて使わせた言葉
関連記事

    スポンサード リンク

    スポンサード リンク

    »関連してそうな記事