雑が喰おう

焼肉のルーツは韓国ではなく日本

焼肉といえば韓国が本場。しかし、焼肉のはじまりは少し違う。
焼肉は戦後日本で在日韓・朝鮮の人たちがホルモンを焼いて食べ始めたのがルーツといわれている。
戦後の食糧難時に食べ始めた、ホルモンを焼いて食べるというのがポイント。
当時の朝鮮半島では内臓は煮込んで食べるのが普通で、直火で焼いて食べる習慣はなかったのだ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事