雑が喰おう

焼肉店の第一号店

1947年、大阪に開業した食道園というお店が焼肉屋の元祖といわれている。
厨房でお肉を焼いて出すのではなく、客が七輪で、自分で焼くというスタイルを考案したのは、創業者の江崎光雄社長。
また、つけダレも日本で生まれた食べ方で、焼いている時にでる煙を吸ってくれるお肉を焼く机(無煙ロースター)も日本で生まれたもの。 日本人はそういった、ものを充実、豊かにする発想や道具を作るのが得意ですねぇ。
»関連記事

    スポンサード リンク

    スポンサード リンク

    »関連してそうな記事