雑が喰おう

お年玉はもともと子どもだけでなく大人にも配られていた


もともとお年玉というのは、神様にお供えしたお餅を、神様が人々に分け与えるという名目で授け返したお餅だった。
その分けたお餅は、子どもだけでなく、大人にも分け与えていた。
それが時代と共に、自分よりも年下や地位の低いものに物を贈るという習慣変化していたのだという。
今でも、鹿児島県の甑島というところでは、トシドンという神様が子どもに、年玉という丸いお餅を配る行事がある。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事