雑が喰おう

雛人形を早く片付けないといけない理由


これは、早く片付けないとけがれが残ってしまうからなのだという。といっても、人形にホコリが溜まるからでない。
もともと、雛人形というのは、でできな人型だった。
それに、息を吹きかけたり、撫でたりして、心やに溜まったけがれを人型に移して、川やに流すという習慣だった。
それが、江戸時代以降に雛人形が高級化して今のような人形になった。すると、川に流すのは人型ではなく、人形なので、もったいないという風潮になった。
その頃から、人形を川に流すのではなく、素早く片付けなくては、けがれが残るという解釈に変わった。
それが転じて、雛人形を早く片付けないと結婚できなくなるという意味に変わった。
今でも、和歌県の淡島神社では、雛人形を海に流している。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事