雑が喰おう

日本で年越しそばを食べる理由


日本ではなぜ、年越しそばを食べるのか。
そもそも、江戸時代には団子型のそばを食べていた。
これは、金銀細工の職人が仕事場に飛び散った金粉を集めるのに、そば団子に金粉をつけて集めていた。
それを、焼いて金を取り出していた。そこから、そば=金というイメージになった。
そこから、そばは金を集めることができるとされて、縁起がいいとされて食べるようになった。
それが、今のような普通の細長い麺に変わっていったのだ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事