雑が喰おう

ピアノという名前はピアノの正式名称ではない


ピアノの正式名称は「グラヴィチェンバロ コル ピアノ エ フォルテ」という。
日本語意味では、ピアノ(弱音)もフォルテ(強音)も出せる大型のチェンバロという意味。
もともと、ピアノはチェンバロという楽器を改良して作られた楽器の王様といわれるほどの楽器なのだ。
また、チェンバロは弦を弾いて音を出すのに対し、ピアノは弦を叩いて音を出す。この音の出し方の違いが、弱音も強音も出せる大きな理由なのだ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事