雑が喰おう

ピアノが重たい楽器になった理由は音を出す弦に理由がある


ピアノの弦は一本に付き平均90kgもの力で引っ張られている。
平均的なピアノの弦の数は230本なので、ピアノ一台で弦を引っ張っている力はおよそ20トンにもなる。
そのために、ピアノのフレームは、20トンもの力に耐えられるように、製で出来ている。
なので、ピアノは大変重たくなってしまうのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事