雑が喰おう

77億年後の太陽は大きさは現在の200倍になる


太陽は今でも大きくなている。
これは、太陽のエネルギーはどんどん強く出るようになっているから。
今から約77億年後には、直径で、今の200倍の大きさになると言われている。
そのため、その時には、空を見上げると、そこには太陽が多い尽くしているという姿になるかもしれない。
その頃には熱すぎて灼熱地獄となっている地球にはいられない。
»関連記事

    スポンサード リンク

    スポンサード リンク

    »関連してそうな記事