雑が喰おう

国道339号線には歩行者しか通れない場所がある


青森県を走る道339号線の一部には歩行者しか通れない区間がある。
それは、国道が階段になっているため。
その階段の先は、民家の間道で、そこを通りぬければ、の走れる国道にでる(もともとこの区間も国道です)。
国道339号線の階段部分は278.9mもあり、階段の段数は362段もある。
なぜ、階段国道ができたかというと、もともと坂道だった道を、歩行者があるくのが大変だからと、歩行者を優先するために階段にしたのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , ,