雑が喰おう

消しゴムケースの役割


消しゴムは、裸で売られていることはほとんどなく、大抵、などのケースに入っている。
これは、パッケージのデザインやバーコードなどを描くためのものだが、もっとも重要な消しゴムケースの役割は、プラスチックが溶けるのを防ぐためである。
例えば、プラスチック製の筆箱にプラスチック製消しゴムを裸で入れておくと、引っ付いていたという経験はないだろうか。
これは、消しゴムに含まれる、プラスチックを柔らかくする成分が、筆箱に移り溶けてしまいベトベトして引っ付いてしまうのだ。
それを防止するために、消しゴムは紙ケースに入れられている。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , , ,