雑が喰おう

フランダースの犬が始めて日本に伝わったときの登場人物の名前は日本人名だった


フランダースが日本に伝わってきたのは、明治41年のこと。
ウイダ原作のフランダースのを、柿軒譯速という人が翻訳した。
しかし、当時はまだ、外人の名前が市民の間では一般的ではなかったため、翻訳者の柿軒氏は登場人部を和名した。

主人公のネロは、清(きよし)。そして、パトラッシュは、斑(ぶち)。なんとも日本的な名前である。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事